• 阿部 奈津美
    スポーツ制作部
    「ワールドスポーツ MLB」
    「チョイ住み in ロンドン」
    「スタジオパークからこんにちは」

    NATSUMI ABE
    2015年入社

    挨拶無双、失敗は素直に謝罪、先輩の模倣
    4 月入社ですが一足先に 2 月より番組に携わらせていただき、もうすぐ1年。 「進歩したことは?」と言われたら、返せる言葉は「まだまだ未熟、毎日失敗の連続」正直、現状はこれに尽きます。もうすぐ後輩が入ってくるというのに、先を越されるのではないかと部活時代のレギュラー争いの焦燥感をじわりと思い出します。 一方で苦い経験ばかりではありません。毎日が勉強ですが、同時に新たな発見ができるのもこの仕事の魅力です。休みの日は自分の趣味や知人との交流など、仕事外でのパイプを新たに作るということも楽しんでます。 今はまだ自分の目標達成までの貯金の時期と思い、ただひたすら目の前の業務をこなせるように邁進中です。

    スタジオパークからこんにちは OAの前日

    10:00

    編集室の鍵を開け、ディレクターが編集に入れるよう準備

    11:00

    著作物の使用許諾をとったり、使用する写真や音楽の準備

    12:00

    打ち合わせ用のVTRのはき出し

    14:00

    音効さんとの打ち合わせ

    15:00

    MCを交えての前日の打ち合わせ

    18:00

    打ち合わせを受け、VTR・台本の修正やテロップの発注

    20:00

    スタッフ全員に構成台本などを送付

    21:00

    テロップの修正

    23:00

    完成したVTRのチェック・はき出し、残っている明日の準備など

    24:00

    明日に備え、帰宅。本番当日の朝は早い!

  • 武藤 恭子
    制作Ⅰ部
    「団塊スタイル」

    KYOKO MUTO
    2015年入社

    一年を振り返って
    無事AD一年目を終えようとしています。毎日怒られてばかりで果たして成長出来ているのか分かりませんが、たくさんの方々に助けていただきなんとか乗り越えて来ました。
    一口にAD業務といってもいろんなことをします。
    台本のコピーや書き起こしの様な地味な作業はもちろん、番組の内容について毎回勉強したり、ディレクターの仕事を見て学ぶのも立派な業務のひとつです。カメラを回すこともありますし、再現映像に出演することもあります。そして意外ときちんとお休みももらえます。毎日飽きません。楽しいです。
    もちろん楽しいことばかりではありません。肉体的精神的にいっぱいいっぱいになることも多く、何度やめてやろうと思ったか分かりません。口が悪くなりましたし、ストレスで金遣いが荒くなりました(前年度比)ですが、私はこの仕事を選んで、この会社に入れて良かったと思います。

    (のんびりしている時の)ある1日

    9:00

    起床 世の会社員が働きだす時間に起床します。もっと早い時間から動き出す日もありますが、こういう日もあります。

    11:00

    仕事場到着→ロケ準備
    銀座で街頭インタビューを撮る日。カメラマンさんがいる時もありますが、この日は私がカメラを担当しました。

    12:00

    銀座着 インタビュー開始
    Dが道行く人にどんどん声をかけます。コミュニケーション能力の低い私はただ必死に後ろからカメラを持ってついていきます。平日でしたが、他局の街頭インタビュー隊もちらほら。

    15:00

    終了 銀座で昼食

    16:00

    スタッフルームに戻る
    外から帰ったら書き起こし地獄。ロケや取材の会話を文字に起こす作業で、地味だし肩凝るし苦手ですが、ディレクターの撮ったものを見て学べる大事な業務です。

    20:00

    退勤 買い物したり、飲みにつれて行ってもらったり、家でアニメを見たり…夜は長い

  • 寺峯 時男
    制作Ⅱ部
    「白熱ライブ ビビット」

    TOKIO TERAMINE
    2015年入社

    仲間と救い
    初めてビビットに配属された日、ただただスタッフの多さに驚きました。スタッフルーム内では大きな声が行きかい、走り回る人や鳴り響く電話に対応する人がいたり。 最初の3ヶ月くらいはその空気になかなか慣れず、怒られることも毎日でした。それでもやってこられた理由は、一からスタートしたネタや企画がしっかりVTRとなって全国の放送に流れるからです。そのVTR に関与し力になっている、と気づくまでにはなかなかの時間を要しますが、そう思える日は必ずやってきます。
    スタッフの数が多くて怯んだことも、多いからこそ、力になってくれる人がその分いるとわかります。新人の頃は、期待と不安が入り混じっていると思いますが、助けてくれる先輩、仲間は必ずいますよ。

    火曜日放送の場合

    10:30

    (月曜日)出演者込みの明日打ち
    (翌日放送のネタや構成を話し合います)

    11:00

    担当VTRのロケ

    17:00

    担当VTRに使用する素材の許可申請準備

    19:00

    許可取り

    00:00

    (火曜日)編集開始(ADはテロップ発注、音発注)

    06:00

    ナレーション撮り

    08:00

    放送開始

    10:00

    放送終了 反省会開始 片付け

    16:00

    お疲れ様です 翌日、翌々日は基本的に休日です