所属アスリートの紹介

パラアイスホッケー選手 熊谷昌治

熊谷昌治

メッセージ

私は事故により右足を切断し失意の底でしたが、スポーツを通じ目標を見つけ、パラアイスホッケーという競技でパラリンピックを経験することができました。
現在チームは低迷が続いていますが、ベテランとして後輩の育成にも力を注いでいるところです。そのためには自分自身を磨き高めなければなりません。
2021年12月から東京ビデオセンター スポーツ制作部所属となり、競技活動に集中できることに感謝しています。

プロフィール

1975年2月6日生  長野県飯田市生まれ
パラアイスホッケー選手
(アイススレッジホッケー Ice sledge hockey)
長野サンダーバーズ所属

2008年の事故後、パラアイスホッケーで世界を目指すことを選択し、2012年から日本代表選手として世界大会に出場する。2018年平昌パラリンピックで8位。「世界のトップクラス」と言われる絶対的なフォワードとして活躍中。長野県高森町教育委員会の委員も務めている。

主な出場大会 国内

2012年 国内クラブチーム選手権大会 優勝
2013年 国内クラブチーム選手権大会 優勝
2014年 国内クラブチーム選手権大会 優勝
2016年 国内クラブチーム選手権大会 優勝
2017年 国内クラブチーム選手権大会 優勝
2019年 国内クラブチーム選手権大会 優勝
2020年 国内クラブチーム選手権大会 優勝

主な出場大会 国際大会

2012年 世界選手権 A-pool Hamar (Norway) 7位
2013年 世界選手権 B-pool Nagano (Japan) 2位
2015年 世界選手権 A-pool Buffalo (United States) 8位
2016年 世界選手権 B-pool Tomakomai (Japan) 2位
2017年 平昌2018 Paralympic Winter Games 最終予選(Sweden) 2位
2018年 平昌2018 Paralympic Winter Games(Korea) 8位
2019年 世界選手権 A-pool Ostrava (Czech) 8位
2021年 北京2022 Paralympic Winter Games 最終予選(Germany) 予選敗退

リンク

長野サンダーバーズ

日本パラアイスホッケー協会